双極性障害だけど楽しく生きる

40代の元職人がWEB在宅に挑戦する道のり

退職をしたい・・・いつかでは間に合わない。

フリーランスを目指してきて、もうすぐ1年経ちます。

 

私は職人を約20年続けてきましたが、約1年前に退職を考え始めました。

 

建設業界は危険・キツイ・汚いの三拍子で、

将来性が見えなく、現状維持が精一杯だと感じて

新しいことに挑戦したいと思ったのがきっかけでした。

 

 

20年間、取れる資格は全て取りました。(国家資格含む)

 

しかし、給料に反映されるまでは非常に時間がかかり、

皆様の想像よりかなり低いと思います。そして・・・

 

 

やればやるだけ損。

 

職人の能力は様々で、人の2倍、3倍こなす人もいれば、

逆に非常に時間のかかる人もいます。

勿論、人の倍、仕事をすれば疲れも倍増します。

 

 

労働時間はみんな同じなので、請負でない限り、

やろうが、やらなかろうがもらえるお金は同じなのです。

 

 

だったらできるだけ疲れないように働くのが人間のようで・・

無理をしない人は体にガタがきにくいし(怪我とか腰痛とかになりにくい)

無理を重ねてきた人は腰痛など徐々にどこかに症状が現れます。

 

 

わざと力を半減にして働く。

 

 

そうしないとこの業界で続けていくのは難しいかもしれません。

でも少し寂しいですよね。

 

 

やったらやっただけ報酬がもらえる。

 

 

このような働き方はまさに私にとって、やりがいを感じる方法だと思います。

 

 

実際、フリーランスになって稼いでいけるまでは時間がかかるでしょうし、

職人の方が楽だったと、思う日が来るかもしれません。(よほど職人の方が楽だと思います)

 

 

今は会社の寮から出て、住まいは確保しました。

 

あとは退職なのですが・・・

なかなか踏み出せずにいます。

 

 

いつか退職できたらいいな-なんて思っていたら

 

 

一生退職できないでしょう。

 

 

その日から収入が0になるのですから、やはりそこは慎重になります。

 

ビル・ゲイツも私も1日の与えられた時間は同じです。

 

どう使うかは雲泥の差だとは思いますが・・

 

 

 

決めなくてはなりません、退職日を。

 

それに向けて準備をしていこうと思います。

 

人生で最後かもしれない職人生活

を全うして。(最悪の場合また職人をやるかもしれません)

 

 

明日も頑張ろうと思います。

 

 

皆様も明日、素敵な日になりますように!

 

いつか多摩川をまた歩こう